名刺の歴史

日常のビジネスシーンで必ずといってもよいほど使う名刺ですが、この名刺の歴史をご存知でしょうか。


名刺の始まりには諸説ありますが、中国で始まったことは間違いありません。
代表的な説として、中国の当の時代7世紀~10世紀の書物に登場しているように、当時よそのお宅を訪問した際に留守だった場合に、木や竹の皮に自分の名前を書いてそれを相手のお宅の戸口に刺して来訪を知らせていたという説があります。
木や竹の皮のことを「刺」と呼んでおり、名前を記すことから「名刺」という言葉が誕生したといわれています。


そして、それがヨーロッパに伝わりました。
ヨーロッパで最初に名刺を使うようになったのはドイツです。
16世紀のドイツでは中国と同様によそのお宅を訪問した際に、自分の名前を書いたカードを戸口に刺しておく使い方をしていました。
更に18世紀にはヨーロッパの社交界全体に広まり使われるようになり、日本で使われるようになったのは江戸時代後期の19世紀からです。


日本での使われ方も他の国と同様に訪問先が留守だったときの来訪を知らせるものでした。
但し、日本の場合は和紙に墨で名前を書いたものです。
そして現代と同じような印刷タイプの名刺が誕生したのは江戸時代末期の開国した頃(1860年代)で、使われ方も役人が外国人と接するために使いました。
明治時代に入ってからは社交界で使われるようになり、後には一般にも普及して使われるようになりました。
ほぼ地球を一周して日本に伝わってきた名刺の歴史です。


<PICK UP>
即日で名刺作成、発送まで可能な名刺の専門店です・・・名刺 作成

Copyright © 2014 名刺の基本 All Rights Reserved.